信州ヘルプマーク普及作戦
信州ヘルプマーク普及作戦

ヘルプマークを信州に普及する

長野県(信州)ではヘルプマークを知っている人が少なく、入手も利用もできません。『信州ヘルプマーク普及作戦』は信州でヘルプマークの認知度を上げたり、入手できる様にするプロジェクトです。

ヘルプマークってなに?

生活の様々な場所で周囲から配慮を必要としている方がいます。そういった方をみんなで助け合う社会を実現する為に誕生したのがヘルプマークで、支援を必要とする人が利用します。平成24年に東京都が作成して全国に広まりつつあります。

ヘルプマーク

義足や人工関節を使われている方、内部障害や難病の方、認知症や精神疾患の方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方が身に付けたりして利用します。

どの様に使われてる?
タグ
ステッカー
ヘルプカード

(注)東京都が始めた事業です

利用している方を見かけたら?

電車やバス内で席をゆずるなどスペースを空けたり、困っている様子なら声をかけたり支援する等の思いやりのある行動をお願いします。

どこで入手できる?

現在、信州(長野県)では入手する事はできません。信州ヘルプマーク普及作戦は信州(長野県)でも入手・利用できる為の活動を行って行きます。

助け合う社会を実現する為に大切な事がコミュニケーションです。知らない人に声をかけるなんて、なかなかできませんが、ヘルプマークを利用する事でコミュニケーションのキカッケを作れます。

ビフォア
ヘルプマークが
キッカケになる
アフター
ヘルプマーク+地域

みんなで助け合えられる地域を作るためにヘルプマークはそのキカッケになります。障がいや認知症、病気などに理解がある地域なら、安心して自宅で介護や療養する事ができます。

ヘルプマーク+マナー

ヘルプマークに気が付いてスマートに配慮ができたらとてもカッコイイです。あなたのマナーを向上するキッカケになります。

ヘルプマーク+防災

避難時や避難所内でも配慮を受けやすくなれば、災害や緊急時の不安や周囲とのトラブルを少なくするキッカケになる事ができます。