準備の経過4

ここに来てホームページの内容や構成など大幅な見直しをしています。出来上がったHPを様々な人に見てもらい率直な意見を聞いていたところ、普及する為に必要な根本的な事が欠けていた事に気づかされました。

作ることばかりに意識が行き過ぎてました。

一つ目は「入手・利用する手段」です。

長野県ではヘルプマークのタグなどを入手する手段がありません。そこをちゃんと表現してなかった事と、この作戦で入手できる体制を作るために活動する事が表現できてませんでした。
行政にも利活用を進めて行きますが、入手・利用できるまでには時間が掛かってしまうと思うので、できるだけ早く入手・利用できる方法や体制作りなどを各方面に相談しながら進めて行く事にします。

二つ目は「期待」です。

普及が広がって行くために何が必要か改め考えたら「期待」だと思いました。今の世の中には将来の不安、福祉の不安など「不安」が溢れています。不安な気持ちが強くなると人の心は荒れて、他人を思いやる気持ちになれません。信州ヘルプマーク普及作戦に将来への「期待」を感じられる作戦にできる様にしたいです。

ご意見してくれた方、ありがとうございました。目の前の課題をクリアしながら、準備進めて行きます。